エラー運賃

時々おこる、エラー運賃。
高くなってしまうのではなくて、桁違いに安く売ってしまうのだ。
キャセイがやりましたね。
ビジネスやファーストクラスの200~300マンくらいするのを、10マン以下で売ってしまった。
買った人は当然いるわけですが、エラーなので無効か、、、って思ったら、
有効にしてくれました。
さすがだ、太っ腹。

規定もあるらしくて、値上げしてはいけないとか。。
でもこれが解禁になってから、つまりは、エラーの場合は通常の金額の請求が出来るようになってからは、
飛行機会社はエラーで売ってしまったチケットを正常な金額に上げる事ができるようになりました。

もちろんこれになってから無効と判断された購入者はだいたいキャンセルするらしいけどね。
そりゃ10マン足らずが300マンになったら行けないよね。

だいたいはヒューマンエラーなのだそうですが、買った日知はやきもきするから
やめてほしいよね、こういうの。

エラー運賃をじっさいに見た事はないけど、見たら汗握るな。。
買うかもだね。。
そそいて出方を待つね。。。
ま、キャンセルするけど、もし無効になったら。
300万なんてはらってどこかへ行こうなんて思わないよ。
いくらビジネスやフォースとでも。
エコノミーでいいよ、普通でいいよ、普通の人間なのだし。

メディテーション

瞑想、メディテーションは身体にも精神的にもいいと言われます。
私もやっているのですが、なぜか肌にいいようで、よく「肌が綺麗ですね」って言われます。

生まれ持ったラッキーさもありますが、メディテーションのおかげとも思っているのです。
自分でも明らかにメディテーションの後では肌の感じが違うのがわかるのです。
メディテーションの後の歯だ、、、触ってみてください(自分のですよ!)、
違うはずです、びっくりします。
なのでメディテーションはお肌にいい、はい!・・・って感じですね。

他にいいのは、嫌な事忘れられたり、
その時間はムになれたり、、、悪い事はあにですよ。

集中出来ないとも言われますが、州ちゅう出来ない時はしなくていい、
無理にしようとしないでやすらかーな子持ちになる事だけを考える。
それがメディテーションだとも思うし。

ビートルズも瞑想をしたって噂です。インドで。
なので音楽家にもいいのかもですね。

もし少しでも興味があったら是非メディテーションやってみてくださーい。
絶対いいことばかりでdす。
お肌にもね!本当だよー。

おひとりさま

最近は、おひとり様が寂しいイメージではなくなってきてて、
おひとり様でよかった的な。
だってお金と時間は自由だし、寂しいって感じることもない、だったら結婚したり、
相手を求めるなんてナンセンス、ってね。

食事も、自分で作れる人はひとりで楽しみながら作ったらいいし、
(そういう考えにシフトしていった)
男性で作らない人なんかでも
デパ地下で少ない量のものをたくさん買って栄養のバランス考えながら食べていたらいいし、
休みも趣味に没頭して退屈する暇はない、、、的な。

だいたいは寂しいからって結婚したりする人が多いけど、
こういう生活の楽しみ方もあるんですねー。

寂しいとか、子供が欲しいとか?
子供も、、、例えば男性にそれお求めるのは、、、男性は種馬じゃねーし。、、、
女性に求めても、、子供を産む道具じゃねーし、、とね。

どこで気持ちを切り返すか、ですね。
考えようによってはおひとり様って楽しい。
それを選んでやってる人も多いのです。

私の親戚にもいますよ、好んで結婚しない人。
けっこう気楽になんでもやっているようです。
何でも、、自分の人生ですしね、楽しまないと!!

お酒を飲まない人たち

海外セレブで、お酒(アルコール)を飲まない人たちの紹介ってのあって。
ぶらっと・ピットはもうすべに有名だけど、彼、、飲まないってよりは
控えてる、、んじゃないかな。

ザック・エフロンって人も飲まないらしいけど、アルコール依存症になってて治療してるから。
ユアン・マクレガーも。
皆、お酒は飲んでたけど「これではいけない」って辞めた人たち。
飲まないって、、そういう意味?

意外だったけど、ダニエル・ラドクリフ。
ハリー・ポッターです。
彼も、成人してからお酒を飲んでの撮影はしてないのだそうです。
去年なにかと話題だったベン・アフレック。早く立ち直ってもらいたいですね。

サミュエル・ジャクソン。
彼もやっぱり(!)アルコール依存症から辞めた人です。
なーんだ、ほとんどがアルコール依存症になって、「これじゃいけない」と思ってやめた人たちですね。
他にもいーーっぱいいたけど、ほとんど同じ。
ということは、お酒を飲み始めてから、だから、
もともとお酒は飲みませんっていうセレブっていないね。断言。
お酒は大人にあんると生活に入ってくるもので、美味しくて楽しいけどね。
絶つときが来たら絶てるんだな、、、(まだ絶ってない自分)。
アルコール依存症になったら「これじゃいけない」ってなるのはしごく当然だよね。
その前にやめてこそ、じゃないかなー。きびしい?

アンダーシール

裁判ものの映画で知る事って多いです、、、私は、、、。
知らない事が多くて、それを知るって事は楽しいかも。

昔はアメリカの裁判もの映画ではじめて陪審員がいるのを知ったし、
それが今では日本でも取り入れられていますからね、びっくりです。

先日見てた映画で、裁判記録のことがあって、そうか、裁判の記録というのは
しかるべきところで見る事が出来るんだな、ってはじめて知りました。

逆に、非公開にするということもできるみたいです。申し立てをするんですって。
でもそれを「いや、公開しろ」って言う事もできる、理由は必要でしょうけど。

こういうやりとりのある映画を見てたんです、シテル人もいるかもしれません、
「スポットライト 世紀のスクープ」
です。
航海してほしいという新聞記者に、判事は
「これを公開した後の責任はだれがとるんだ?」
っていって、新聞記者は
「これを公開"しなかった時"の責任は去れがとるの?」
って切り返しました。かっこういい!
いい映画ですよ、是非一度見てみてくださいね、実話です。

イタリアでの話

イタリアでは、コーヒーの「保留」という制度、、暗黙の了解があります。
誰かのためにコーヒー代を、知らない人が誰でもいいから払っておくと、
その後で貧しい人などが「こー比ください」といえば、その寄付のような先払いの「保留」から支払われる、
というもののようです。

アメリカでも同じような事があって、それは「後ろに並んでいる人のコーヒー代を払う」
というものでした。
イキなものですね。

それで感動した人がフェイスブックにその感動を載せたた、
すごい反響になった、という記事を読みました。

ちょうどその日、悲しい思いをしていたところ、前の人が自分のためにこひーを払ってくれた、
というのです。

これは、誰だからする、というのではなくて、誰でもいいんです。
自分がされたら、誰かにしてあげる、これだけの精神の要です。
とはいえ、簡単にできることでもないですね。
日本だったら「なにか魂胆があるのか?」って思われそう笑

人に親切に、など、昔みたいに言われなくなったけど、
こういう行いは今も、しかもアメリカでもあるなんて驚きでした。

イタリアでも、こういうことはあるよ、なだけで、毎日あるのかは謎ですし。
見習いたいですねー。

嫁・姑

世間でよくある嫁・姑戦争。
イギリスのロイヤル・ファミリーではダイアナさんとクイーン・エリザベスとの間でこれがあったとされています。
でも今は、姑であるはずのダイアナさんはいらっしゃらないので
こういうことはなさそうですが、カミラさんとはどうなんでしょうね。

今はカミラさんって話題にも上らないので、この場合の姑はおばあちゃんであるクイーンになるのかな。
だとしたら、ですけど、キャサリン妃とは特別何かあったとかなさそうです。
(カミラさんとはある感じです)
メーガンさんもクイーンとは仲がいい感じです。
あれ?カミラさん蚊帳の外??
カミラさんは見ててもまったく花がなく、パレードでもテレビに映し出される時間が極端に短い。

最近はメーガンさんや、もちろんキャサリン妃でしょうねー。
それをクイーンは、クイーンであるがいえになんとも思わず、
またいがみ合いや嫉妬などもないようです。
ではどうしてダイアナさんにはあったのか。
あまりにも花がありすぎなのと、ロイヤル・ファミリーとしてのなんたるかの教育が出来ていなかったと言われています。
でもそれってダイアナさんのせいじゃないような・・・。

世間的にある嫁・姑問題って絶対なくならないですから、
出来るだけ距離をおいておくのが一番で、あとは、・・何があっても忘れることですかね。
ちゃんちゃん!

スケジュール作成

とあるイベントのスケジュール作成、、これをしてる時がなにより楽しい。
好きなんだなー、こういうの。
調べたりしなくちゃいけないこともあるけど、それも楽しい、毎日こんな楽しかったらいいよね。

そのスケジュールはスケジュールであって、じっさいそれを行っていくと
現場で変更、などもあって大変なんですけどね。
でも、それもまた楽しい。
まわりも助けてくれるし。
こうでないとね。

イベントをするのって本当に大変ですけど、まわりの理解や、皆の喜んでくれる顔みてると
それだけで疲れとか苦労とか吹っ飛びます。
イベントばんざい。

来てくれた人たちは自分の貴重な時間もさいてくれてるし、お金もかかるし、
それでも来てくれて、最後に「またやって」なんて言ってくれる。
こっちも大事なんです、来てくれる人たちのこうした気持ち。

カネ払えばなにしてもいい、なんて人は迷惑なだけ。
(こなくていい、とさえ思う)

そしてまた、そんな大好きなスケジュール作りの作業が始まった。
ニンマリします。

楽しい楽しいスケジュール作り、これだけやっていたい(笑)。そういうわけにはいかないけど。
それが人生だね。

マシン

家にある、とにかく機械という機会が壊れていきます。
今週はジューサーミキサーがおかしくなりました。
家族が見てくれるまで放置です。あーあ、また怒られるんだ、使い方が悪いって。

いままでそんなことは一度もないんです、なんでも扱いは丁寧でした。
でもここ数年、私が触るもの、使うもの、どれも壊れていきます。
もともと寿命だったのではないかっていう噂もありますが、
とにかく壊れていくのだ。

新しいのを買えばいいんだけど、まずいことに
「ここは使えるのに、ここがダメ」
みたいな。部分的に破損するんだよね。

ジューサミキサーも、泡立てるマシンもついてるんですけど、そこはまだ使える。
ミキサー部分がおかしkhなりました、どうなっていくんだろう。


別個でミキサーを買えばいいんだけど、あまりモノを増やしたくないし、
まずもったいないでしょ。

また使えるようになったらいいけど、どうせまた私がつかうと壊れるんだ。
新しいのを買おうかなー。
悩むなー。

壊れて怒られることを想うと、買った方がいいなー。

子供のこと

知り合いに、お子さんが発達障害の子がいます。
その子供さんも知っていますが、とてもしっかりした優しい子という印象。
普段ずっと一緒にいるわけではないので分からないのですが、突然すごい行動に出る事もあるのだそうです。
でも私からは普通にしか見えません、むしろものすごく頭がよくてびっくりします。

これも障害の効果の1つなのですけどね。
それにしてもすごいんですよ、例えば、物知りで知識が豊富です。
記憶力もいい。

それがゆえに同級生のなかでは目立っているそうで。
個性だと思って接していけばいいのです。
知り合いのお子さんは会うたびに大きくなっていて、両親はさほど大きくないのにどうして?
って思っていたら
「僕が大きいのは、成長の早さが違うからで、すぐに止まって皆と同じになるよ」
ですって。
なんだそのしっかりした回答。
そうかもしれないよ、でも足とかさ、すごく大きいのだ、君はもっと、止まることなく大きくなる気がするのだよね。
すくすくと大きくなってはほしいけど、あまり大きくなりすぎると
頭の上の白が見えてしまうのでね(笑)そこは見ないように今からしつけておこうと思う!